ナニワアームズ商藩国

アクセスカウンタ

zoom RSS 怪獣図鑑01〜05

<<   作成日時 : 2007/05/06 20:28   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

食用両棲怪獣 フィッシュヘッドヒドラ
画像


全長:10m
体重:8千t
出身地:地底湖

 地底湖周辺に住む水陸両生。その個体数と図体のドデかさで、藩国の食料難を解決した。
胴体は獣肉、首から頭頂部までが魚肉で、さらには尾っぽは炭水化物な怪獣。1粒で3度もおいしぃのだ。
首の数は基本4本で、成長と共にさらに増える。もっと多くなる変異種で3ケタ台も確認されている。
全長は約10m。陸での動きは鈍いものの、水中では時速80kmで泳ぎ回る。


愛玩軟体生物 ジャイアント・スライム
画像


全長:50cm
体重:3kg
出身地:地底湖内

 ぷよぷよした単細胞怪獣。 目の様な紫色の部分は核、緑色の部分はミトコンドリア。大きさは50cmぐらいにまでなる。
 光と水分さえあれば何処でも生きられるという点から、植物細胞の巨大化変異ではないかという説がある。
 他個体と合体して、他種の生命体に擬態する事も確認されている。特にフィッシュ・ヘッド・ヒュドラに擬態した、ジャイアント・スライムを漁獲してしまった漁師はひどくがっかりするのだ。


極楽怪鳥 ピンク・ウィングス
画像


身長:3m
翼長:6m
体重:120kg
出身地:ナニワ北東部山岳地帯

 翼と足を2対づつ持ち、真っピンクの羽毛を持つ巨大な鳥型怪獣。 ヒナの全長は4cm、成長すると翼開長約6mにも達する。他に同種体でブルー、ブラッグ、イエロー、レッド、グリーンが確認されているものの、名称はピンク・ウィングス。
 その豪華な姿から多数の昔話に登場し、神聖な怪獣とされている。
 地方によって呼び名が違い、その色から『ファンキー・バード』とか『極楽鳥』とか呼ばれている。何れも幸せを連想させる。
 鳴き声は「ピキョ〜♪」とスッテンキョウに甲高いのだ。


手乗り珍獣 ヘイナ
画像


身長:10cm
体重:500g
出身地:ナニワ第4階層

 2対の蝙蝠の翼で飛び回る手乗り怪獣。
 性質的にコウモリに近いらしいが、目が発達したのでコウモリ特徴である超音波も出さず、耳も退化してしまっている。
 ビロードのような体毛に覆われた体に3つの目、さらに尻尾3本と、妙な外見ながら人懐っこく、おとなしい性格で愛玩動物として人気があるのだ。
 成長しても手の平ほどの大きさにしかならない点も人気の秘密。


お頭付怪獣 タイヤキモドキ
画像


身長:1m
体重:500kg
出身地:地底湖

 魚型の水棲地底怪獣。
 大変美味で旬の季節には脂が乗っていてとてもうまいという食用怪獣。
 おめでたい席には必ずといっていいほどこのタイヤキモドキを使った料理が出されることから「オメデタイ」とかダジャレじみた俗称で呼ぶ地域もある。
 地底怪獣としては弱い部類であり、フィッシュ・ヘッド・ヒュドラなどからよく狙われるため、群れで行動する性質がある。


(絵作成:猫屋敷兄猫、イズナ)
(文作成:イズナ、サターン)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い
怪獣図鑑01〜05 ナニワアームズ商藩国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる